カナダの海外生活ってどぉ?

日本人の主人とネコと気ままにのんきにバンクーバーで海外生活中。

【カナダで不妊治療④】 初めましてDr マック

スポンサーリンク

 

 

f:id:doraadoraa2000:20170112055104p:plain

前回、主人の精子検査の事を書きましたー。

そこで出て来た、不妊治療専門のドクターに会ってきました。

 

この不妊治療専門のドクターに会う前に、わたしはまた血液検査をしてきました。

今回調べたのは、ちゃんと排卵しているかどうかということ。

実は、排卵をちゃんとしているかどうかって、結構心配だったんですよね。

基礎体温は、相変わらず二層にならないし。

排卵日を狙って、仲良しをしているはずなのに、、、全然音沙汰がなく普通に生理がきてしまうしね。

一応、排卵検査薬は自分でしてみたんですよ。LHホルモンを調べるやつです。

これは、すごく反応するんです!笑

なんなら、生理が終わった直後でもちゃんと線が出てくるんですよね。

常にLHホルモンが出ているのか?!そんなことってあるんでしょうか。。

 

一応、血液検査での排卵検査はクリアでした。

通常通り排卵は行われているとのことです。

この辺の検査結果を、大丈夫だったよーってさらりと言われたので、本当に?!って突っ込みたかったんだけど、、突っ込めなかったのが今でも悔やまれます。笑

もっとしっかり英語が話せたら、、英語を喋る勇気がもっとあったら。。

 

さて、やっとカウンセリングの日が来ました。

はじめて、不妊治療専門のドクターとのカウンセリングです。

なぜか、勝手におじいちゃん先生を想像してたんだけど、全然若い先生でちょっとビックリ。

ここでは、Dr マックと呼ばせて頂きます。

マックから、今までの血液検査の結果や、主人の精子検査の結果など一通り確認されて、すべて数値は大丈夫だから次は、日本で言う卵管造影検査をしてみようね。ってなりましたー

来たーーーー。

インターネットで見ていたやつだ。

怖いなー。

卵管造影検査が終わって、異常がなければステップアップとして、誘発剤を試してみて、それでも授からなかったら、体外受精っていう段階になるからねー。

 

コーストメディカルのドクターや、マックと話していて思ったんだけど。

海外は、妊娠出来ると考えられている年齢が高くて、妊娠に対するプレッシャーが少ない気がします。

日本では、35歳で初産ではもう高齢出産に当てはまりますよね?

カナダでは、40歳で初産の人もたくさんいます。40歳まではまだまだ若いから大丈夫っていう見方なんです。これって、私的にはすごくいいなと思っています。

その考えに付け込んで、のんびりしたい訳ではないんですが、子供がいなくても、出来なくても、今の年齢の自分を “子供がまだ出来ていない奥さん” というフィルターではなくて、今を生きている自分を見てもらえてる気がするんですよね。

ちょっと、偏見が入っているかもしれませんが、、

 

さて、次はいよいよ卵管造影検査に行ってきます!