カナダの海外生活ってどぉ?

日本人の主人とネコと気ままにのんきにバンクーバーで海外生活中。

【カナダで不妊治療⑥】 卵管造影検査に行ってみよう。いざ当日

スポンサーリンク

f:id:doraadoraa2000:20170112055058p:plain

さて、卵管造影検査に行ってきました!

予約当日、ライオンズゲートホスピタルに8時。

一階の受付みたいな所でBCケアカードを出して予約をしている旨を伝えたら下の階のレントゲンの受付に行ってねーと言われたので。下の階へ。

また下の階でも受付みたいな所があって、再度 BCケアカードと予約をしている旨を説明したら、8時の予約はレントゲンではなくて、ラボで検査になるから2階に行ってねーと説明されました。

2階のラボに行ってみたら、検査をする為の紙が必要なんだけど〜君のが見つからないよ。と言われて、、、でたでた。カナダでよくあるパターンだ。

予約をしていても、すんなりと物事が進まないのがカナダなんです。笑

常にどこかに障害物あり。笑

 

私たちも、初めての大きな病院で検査だし、英語だし。なんだか良く分からなくなってきたので、ラボの受付の人が私の書類を探してくれている間に、初めに戻ってみようという事で。下の階のレントゲンの受付に戻って、上のラボで紙がないって言われたんだよね。って旨を説明したら。

あったんですよーーーーラボで必要な紙が、、

受付のおばちゃんが、ごめんなさいー!あったわ。と持ってくてくれました。

何事も、初めに戻って聞いてみるのが大丈夫ですね。

 

やっと無事にラボでの手続きをして、いざ検査ーーー

なんの?笑

この検査がなんの検査なのか、まったく知らないまま呼ばれて、実際に渡されたのが紙コップのみ。

ん?血液検査でもない?紙コップ?

そこの、お手洗いで尿を採取してきてねー。で、ここに置いたら出て行っていいからね。なんの検査なのか分からないまま、指定場所に紙コップを置いて出てきました。

結果、これは卵管造影検査をするにあたって、妊娠をしているかどうかの検査だったというのが、後から分かったんですが。

 

結局、8時の予約は妊娠していないかの確認の尿検査のみ。

次は、11時からの予約です。

 

11時に再度、レントゲンの受付へ。

ここからが、今日の本番!!!笑

少し待ってから、呼ばれて中へ。やたら早口のナースに午前中にした尿検査からは、妊娠していないことを確認しましたので、このまま卵管造影検査を行えます。との説明を受けて、病院用のワンピースみたいなモノと一緒に更衣室へ案内されて、ここで着替えて待っててねー。下着は脱いでおいてね。荷物は、カゴを使ってーー

と、とにかく早口。。

着替えて、少し不安になるくらい待っていたら、やっと呼ばれました。

緊張をしながら、個室になっているレントゲン室へ案内されました。

なかなか広めの部屋の真ん中に、よくある診察台があって、そこに座るように案内されてから、検査にあたって担当するスタッフが一人一人あいさつしてくれました。

ここでのナースさんは、本当に優しくて、英語もゆっくり分かりやすく、私が緊張していることも汲んで対応してくれ、凄くいいナースさんでした!

早口じゃなくてよかった。

女性のドクターも登場して、ドクターから卵管造影検査の行うにあたっての説明を受けました。この器具を使います。やら、ここで痛みがあるかも知れないけど、それは通常だからね。などなど、優しく分かりやすい説明でした。

いざ検査開始です。

座っていた診察台に横になり、診察台の端っこで開脚。。

日本って足を乗せる台みたいのがあるんですかね?カナダはありませんでした。

自分で開脚。。なんだか、とても恥ずかしかったです。

まず、広げておく為の器具を入れます。これは、Papテストでも使った器具だと思います。

広げたら、バルーンを入れて、バルーンを中で広げます。

ここ!この、バルーンを広げるまでは、なんだか変な感じがするだけなんですが。。

広げた瞬間、生理痛のような鈍痛がします。この痛みは普通だそうです。

そのあと、レントゲンを撮る為の液体を入れて行きます。

これも、ちょっと痛いというか生理痛のような鈍痛がしました。

そのまま、レントゲンを何枚か撮って終了でした。

 

検査を行っている間は、ドクターが優しく、ここからは少し痛いかも知れないけどー

みんな痛くなるから大丈夫よーとか。

痛み、耐えられるー?とか声をかけてくれていたので、不安になることもなく無事に終了することが出来ました。

 

撮っているレントゲンを横目で見ていたら、なんじゃこれ。

っていうような画像だったので、、ちょっと心配したんですが、レントゲンを撮り終わった直後にドクターから、見た感じ異常はなさそうだから、大丈夫よ。

と言ってもらえたので、緊張していた気持ちも解けました。

 

レントゲンが終わったら、ナースがお手洗いに案内してくれ、そこで着替えと生理用品を渡してくれました。

生理の様な出血が、2〜3日あると思うけど心配しないでね。

もし、痛みが取れないようであれば、痛み止めを飲んでも構わないから。

と説明してくれ。

着替えて、無事に検査終了です!!

前にも、お話しましたがカナダは病院代が保険で無料なので、今回の卵管造影検査も無料でした。ちなみに、今までの血液検査や主人の精子検査も全部、無料です。

なので、日本では最後にお会計にならんで帰ると思うんですが、カナダでは診察が終わったら、そのまま帰宅なんです。

なんだか、払わずに帰ってる感覚が今でもあるんですが、、笑

 

検査は、緊張と生理痛のような鈍痛で凄く疲れました。。。

検査をしてくれた、ドクターからは大丈夫そうだよ。と言ってもらったけど、次はまたマックとのカウンセリングだー