カナダの海外生活ってどぉ?

日本人の主人とネコと気ままにのんきにバンクーバーで海外生活中。

How`s Canada

日本人の主人とネコと気ままにのんきにバンクーバーで海外生活。着付けもね

【カナダで不妊治療⑪】 誘発剤はじめました

スポンサーリンク

こんにちは

バンクーバー在住のMadooemo です。

日本人の主人とカナダに移民して5年。

あっという間でした。

そろそろ赤ちゃんが欲しいなぁと思って、カナダで不妊治療を取り入れながら、妊活しています。

 

 

f:id:doraadoraa2000:20170309054854p:plain

 

 

 

そして、来ましたーーーー

次のステップ。

 

誘発剤

 

日本で行われている誘発剤と、私が行う誘発剤ではなんだか、、

すごくハードルが違う気がします。

元々、服用する薬も日本ではあまり使われていないモノみたいです。

 

わたしが服用するのは。

Letrozole レトロゾール (フェマーラ)です。

 

レトロゾールで不妊治療する場合の効果と副作用

不妊治療の排卵促進剤として使用されるものにレトロゾールというものがありますが、本来は乳癌の治療に用いられているものです。
その適用範囲の広さから不妊治療にも使われています。ではそもそもレトロゾールとはどのような薬なのでしょうか。

レトロゾールとは?

この薬はノバルティスファーマ社が乳癌の治療薬として開発したものです。どうして乳癌なのかと言いますと、この薬には女性ホルモンのエストロゲンの働きを抑えることができるからです。エストロゲンは乳癌の進行に関わるホルモンなので、このエストロゲンを可能な限り封じ込めることができると乳癌の進行を抑えることができるのです。
ただし、エストロゲンの機能を抑制すると生理の周期に乱れが生じ、その結果排卵が誘発されます。このため、排卵促進剤としても使うようになったのです。
ちなみに海外では一般的に排卵促進剤として使われることが多いようですが、日本では排卵促進剤として使用すると保険適用外となってしまうので使用しない場合も多いようです。

レトロゾールの効果

このようにエストロゲンは抑制されると排卵を誘発することから排卵を促進するのではないかという発想になったわけですが、ではどうして排卵は誘発されるのでしょうか。
それは先程も少し触れましたが生理の周期に関わってるからです。エストロゲンが増えると卵胞が育って排卵の準備をしようとします。卵胞が成長すると今度は排卵に向けて逆にエストロゲンが減っていきます。この減っていく過程で状態を保つことができた卵胞のみが排卵されます。

この特性を活かしてエストロゲンを抑制するとエストロゲンは減少し、排卵直前と同じ状況を作り出すことができるのです。実際にエストロゲンを抑制してエストロゲンが減少すると排卵が始まります。
なお排卵を促進する効果は他の排卵促進剤であるクロミッドと比較しても高い効果があるばかりか、クロミッドと違って体内に残ることはありません。体外にすぐに排出されます。
このため、現在子宮内膜症を患っている人でも安心して使用することができます。なおレトロゾールは卵巣自体に働きかけるわけではないので、排卵を促進はできても新たに卵胞を育てて排卵数を増やしていくことができません。既に体内で成長している卵胞の範囲内で排卵を誘発していくことしかできないのです。
ただこれは卵巣過剰刺激症候群を患っている人から見るとメリットがあるとも言えるのです。

レトロゾールの副作用

このようにレトロゾールは排卵促進剤として効果を発揮しますが、副作用もあるようです。その症状としては、頭痛、関節痛、発疹、むくみ等の比較的軽いものが多いようです。ただ一部では血栓症や寒栓症等の報告もありますがその症例は極めて少ないようです。しかし副作用が軽い症状のものであってもずっと継続する場合や症状が酷い場合は、とりあえず一度病院に言って医師に相談してみてください。本当に酷いようであればレトロゾールの分量を調整する等の処置を講じてもらえるものと思われます。

 

日本で使われている、誘発剤をまとめた記事はこちらから。 

www.877hanana.com

 

日本では、保険適用外のお薬なんですねー

今回私が処方されたには9日分でした。

生理が始まった初日から服用を始めて、9日間飲み続けます。

ちなみに、9日分で保険が適用されて薬代は14ドルでした。

保険がない場合は、32ドル。

だいたい日本円で、1400円くらいでした。

保険がない人でも、3200円くらい。

 

日本で、誘発剤をするときは注射もしたりするのかな?

この値段が、高いのか安いのかは、、分からないのですが。

今までの、卵管造影検査や、主人の精子検査などは、すべて無料で受けれたので、今回が始めての出費になりました。

カナダは基本的な医療までは、すべて無料なんですよ。

 

f:id:doraadoraa2000:20170309055135p:plain

 

でも、検査とか何か特別な医療は予約が取りづらかったりと、、

いいことだけではないんですけど。

 

さて、まず。

誘発剤のLetrozole レトロゾール (フェマーラ)を服用して

Day3です。

副作用といえば、服用してから数時間はお腹が張る感じがします。

少し息苦しさがある感じ。

 

わたしは、結婚した頃にピルを飲んでいた時期があって、その時の先生からの進められて、ピルなどは飲み忘れを防ぐためと、副作用が出ても日常生活に支障が出ないようにとのことで、就寝前に服用するようにしています。

朝に飲んだら、副作用が出たらその日のスケジュールが駄目になってしまうかも知れませんが。

寝るときに飲めば、今回の様に多少お腹が張っている気がしても、朝になれば苦しさもなっています。

 

今日が、Day3なのであと4日間。

自分の身体の中が見れればいいのにーーーー笑

 

Letrozole レトロゾール は、卵を育てる薬ではないのだろうけど、、、

ぷるぷる卵が育っていますよーーーに!!!!!

 

 

f:id:doraadoraa2000:20170309044444j:plain

 

ドラちゃん〜

赤ちゃん来てくれるかなー?