カナダの海外生活ってどぉ?

日本人の主人とネコと気ままにのんきにバンクーバーで海外生活中。

カナダ ワーキングホリデー2017年

スポンサーリンク

 

f:id:doraadoraa2000:20170525080915p:plain

 

こんにちは

バンクーバーに住んでいるMadoooemon ですっ

 

わたし自身は、2009年に初めてワーホリでカナダに来ました。

一大決心をして!とか。

英語が勉強したくて!とか。

海外に住むのが夢でした!とか。

そんな立派な理由もなく、、、笑

 

ただただ、疲れていたんです。

そして、多少のお金がありました。

その当時、勤めていた会社もなんだか、、

保証もなくて、不安がたくさんあったし。

なにより、小さい会社で社長が嫌いでした。

 

どうしよっかなーって思ったときに。

ふと、、

高校生の時に見た、カナダでスノーボード留学の雑誌の記事を部屋で見つけたんです。

なんとなく取ってあったんでしょうね。

 

とりあえず、資料だけでもー

と、思って資料請求してみたら速攻、留学センターから電話がかかってきました。笑

よくあるパターンだと思いますが。w

それから、あれよあれよと話を聞いたり、面談をしているうちに。

 

海外でスノーボードしてみたいし。

どうせ行くなら、1年間行ってもいっか。

1年間くらい日本にいなくてもいいでしょ。変わらんでしょ。

 

って、むちゃくちゃ簡単な気持ちだったと思います。

 

結果、カナダで出会った日本人の主人と結婚をして

移民をして、カナダに住んでいる訳ですから、、

人生なにがあるか分かりませんねー!!

 

これから、ワーホリに来るみなさんっ

自分が想像している未来とは、まったく違う道に進むかもしれませんよっ

楽しみですね!

 

久しぶりにワーホリ情報をチェックしてみました。

 

2016年から、申請方法が変わったんですね。

抽選方式に代わり、募集人数も随分を減っています。

私が、ワーホリを取得した2009年なんて、1万人も募集人数があったのに

今は、その半分くらいです。

 

2017年のワーホリの子がまだ入って来ていない。

(2017年5月時点)

なんて、ウワサも聞きましたが。実際は入って来ているみたいですね。

 

募集要項など詳しくは、こちらをご覧ください。

gotovan.com


gotovan.com

 

 

ワーホリって、すごく素敵な制度だと思います。

わたしも、もっと早くから知っていれば!

もっと、他の国にも行けたのになー

なんて思いますが。

大学生の頃に、母から留学してみない?という話をいつも無視していたので、、w

わたしを海外に来させてくれたのは、スノーボードだったのかもしれません。

海外の雪って、フワフワで音もしないらしいよー

もう少し、スノーボードが上手くなったらいいなーみたいな。

 

なんだか、思い返しても大した思いがあった訳じゃない自分にビックリしますが。

 

家族が反対をしないなら。

そんなもんの、モチベーションでもいいと思いますよ。

一歩を踏み出すのが大切なんですよ。きっとね。