カナダの海外生活ってどぉ?

日本人の主人とネコと気ままにのんきにバンクーバーで海外生活中。

How`s Canada

日本人の主人とネコと気ままにのんきにバンクーバーで海外生活。着付けもね

バンクーバー キバナフジが見頃です in バンデューセン

スポンサーリンク

こんにちはー

バンクーバーに住んでいるMadoooemonです。

 

最近やっと、夏らしい気候になってきました!

いきなりこんなに暑くなられても、ちょっと困るんですが、、、笑

気持ちいい日差しになり、草花も喜んでいるんでしょう。

やっと、遅れていたキバナフジも満開になりました。

 

行って来たのは、バンクーバーにある。

バンデューセン植物園という公園です。

 

バンデューセン植物園について

ki1

バンデューセン植物園は、1975年8月30日に開園したバンクーバーが誇る植物園です。

その面積は22ヘクタールを誇り、これは東京ドーム約4.7個分に相当し、元々はゴルフコース(Shaughnessy Golf Club)だったんですよね。園内には約7,500種類の植物が植えられているので、一年を通して楽しむことができます。

 

バンデューセン植物園 / VanDusen Botanical Garden

住所: 5251 Oak St, Vancouver, British ColumbiaV6M 4H1, Canada 

営業時間 午前9:00〜午後9:00

入園料 夏の期間(4/1〜9/30)は 11.25ドル それ以外の季節は8ドル

ダウンタウンから、17番のバスを利用した場合、約25分程度で植物園の近くに着きます。

植物園への、直行バスなどはありません。

市営のバスに乗るのが不安な人は、現地の1日ツアーなどを探して行くのもありですね。

 

春には、SAKURA DAYS JAPANという、日本のイベントが行われたりと

年間を通じて色々なイベントを行ったりしています。

冬には、クリスマス期間にライトアップされ、数十万個の電飾が使われています。

どの季節に行っても、楽しめ、植物に癒される空間になっています。

ダウンタウンでは感じられない、自然の癒しの空間に足を伸ばしてみるのもいいかもしれませんね!!

 

去年は、4月末から満開になったそうですが。

今年は、待てど暮らせど、、、キバナフジが咲いた情報が入って来ないので、、

もしや、見過ごしたのかなーと思っていたら、やっと満開になったそうなので、見てきました!

例年5月中旬~6月初旬にかけて楽しむことができるそうです。
(※天候・気温によって前後します)

 

バンデューセン植物園の中を歩いていると、一際目立つ金色の木が見えるので、

探さずに歩いているだけで、見つかります。

 

遠くから見ても、綺麗っ!

 

f:id:doraadoraa2000:20170531101920j:plain

 

上から降り注ぐかのように、小道になっているます。

 

f:id:doraadoraa2000:20170531101902j:plain

 

 

 

 

f:id:doraadoraa2000:20170531101914j:plain

 

 

黄金の小道。

やっと見れて感激です。

 

f:id:doraadoraa2000:20170531101853j:plain

 

両脇に咲いていた紫のお花はー

これはタマネギやニンニクの仲間でもある「アリウム」というお花。まんまるの姿が可愛いですよね。アリウムは北半球に300種類以上あるといわれていますが、こちらの品種は「パープル・センセーション」という名前でした。

 

f:id:doraadoraa2000:20170531101857j:plain

 

 

 

実は、バンデューセン植物園だけに、特別にフジの花が咲いている訳ではなく。

バンクーバーの街中に咲いています。

これは、白いフジの花でした。

他にも、紫のフジの花も街中で見る事が出来ます。

(ダウンタウンにはあまりないですねー。住宅街などには良く咲いています)

 

f:id:doraadoraa2000:20170531101842j:plain

 

こんなに立派なフジが自分の家の庭に咲いていたら、癒されるんだろうなぁ。

 

 ウィスラーに住んでいた時は、全然、、花が咲き誇るところや、季節の植物を感じる事が出来なかったので、バンクーバーに引っ越して来てよかったなーと思う瞬間でもありました。

やっぱり、季節の花を見て、春が来たなーとか、夏の花が咲き出したなーとか。

日本と同じ四季を感じられるのは、幸せです。